今の支出の現状を把握し、無駄な出費を洗い出すことから始めましょう。

節約術を身に付ける(2)

 

節約術の基本は支払いの無駄をなくす

ここで一つ注意しておきたいことがあります。
それは「カード」による支払いです。
上手にポイントを溜める手段として効果的なカード支払いですが人によっては適さない場合もあります。

 

確かにカードで支払うことによって「ポイント」はある程度溜まりますが、そのポイントが正式に使えるようになるには結構な金額を使わないと駄目なケースもあります。

 

つまり何がいいたいかというと、ポイントを溜めることにこだわりすぎて結局手数料などで赤字になってしまう場合があるということです。

 

カード支払いをされる場合は還元率などを考えて行うこと、また一本化して管理すること、月の利用頻度を整えることなど、制限を用いて行うことをオススメします。

 

 

必須とそうでないもをしっかりと分ける

生活でよりよい環境を整えようと思えば、不要なものまで抱え込むとしてしまいます。
私たちの生活は最低限のものがあれば十分生きていけるので不要なものをしっかりと見直すことがまずは大切です。

 

必須項目は必ず生きるために必要なものですが、臨時的に出費しているもの、楽しみを得るために出費しているものは徹底的に見直すことを始めましょう。これによってお金の「流れ」を操ることが可能なので無駄を徹底的に省くことが出来ます。

 

またちょっとしたコンビニの購入、ちょっとした物を購入する癖を抑えるだけでも十分お金を溜めることは出来ます。
節約としては「必須」項目以外の出費は良く考えて行うと覚えておけばよいでしょう。

 

 

必ず現状を徹底的に把握する

そもそも節約が出来ない、貯金が出来ない人は現実を直視しておらず、将来のこともなんとなくしか考えられていません。

 

仕事ができなくなったら?お金が入ってこなくなったら?災害が起こってしまったら?など、不測の事態はいつ何時起こるかわかりませんそんなときのことを考えて無駄な消費を抑えている人は必ず後々良い人生を過ごすことが出来ます。

 

まずは今の支出の現状を把握し、その無駄を洗い出すことを徹底することが節約術の第一歩となります。