1か月の支出を把握して、貯金するお金と支出するお金を区別することが必要です。

お給料を貰ったらするべきこと

 

お給料を貰ったらまずすること

 

お給料をもらったらすべきこととは?

賢く貯金をしたい、未来のお金をためたい、資産を増やしたい、という場合はお給料をもらってからある行動を行わなければありません。
そしてその行動とは何も難しいものではなく、少しの工夫によって成り立ちます。

 

その工夫とは、まずは支出する全てのお金を把握すること
そして、貯金をまずしてから残りのお金だけで生活を組み立てることが大切です。

 

貯金が出来ない人はこの「工夫」がとても苦手であり、現実から眼を背けて「ちょっとならよいか」という感覚でお金を使ってしまうので注意が必要です。

 

賢く貯金をするのならば、自分が使っていい制限内できちんと組み立てる計画が大切です。

 

 

無駄をしっかりと見極める

利用していない会員サービス、習い事、こういったものはきちんと見直しましょう。
そして1ヶ月利用していない場合は当面利用しないケースがあるので一度休会したり、様子を見るために解約することも検討すべきです。

 

またコンビニで購入している人はその頻度を抑える、ATMで引き出す回数が多い方もその頻度を見直すなどをすることで少しずつ支出を止めることが出来ます。

 

ちょっとした「お金の流れ」をコントロールすることを継続すれば自分の資産を少しずつ増やすことが出来ます。
小さなことに聞こえるかもしれませんが、その行動こそが最も大切な行為だということを理解しておきましょう。

 

 

お金の区別をつける

最後のステップとしてはお金の区別をつけるということです。
出て行くお金と貯蓄するお金をはっきりと区別することが出来れば残りは使っても良いお金の区別をつけるだけです。

 

日々購入しようとしているものが本当に必要なのか?というように、良く検討をすることで無駄な買物を圧倒的に減らすことが出来ます。
無駄な購入が減るだけで以外にお金を使いすぎることもありません。
ちょっとしたことかもしれませんが、自分が購入するものをしっかりと検討することを心がけましょう。