車維持費は家計の多くの占めるため、どのように節約していくかが重要です。

車の維持費

仕事を持つ人の多くは、毎月決まった日に勤め先からのお給料を受け取っています。
そして受け取った給料から日々の生活費を捻出し、お金を遣り繰りしながら次に給料を受け取る日までの生活を送ることになります。

 

限られた収入から無駄遣いをしてしまってり、計画性の無い支出を繰り返してしまうと、生活が苦しくなり、月の後半には節約を余儀無くされてしまうことになります。

 

そのため、お金の遣り繰りを上手に行うためには「家計簿」を活用して、日々の生活に掛かる費用や交際費、嗜好品に掛かる費用などを事細かく記しておく必要があります。

 

家計簿を記入する最大のメリットは、「節約への意識を高め、自己管理能力を向上させることが出来る」という点にあります。

 

面倒に感じてしまう人も居ると思いますが、まずは少しずつでも家計簿を記入していき、節約への意識を高める第一歩を踏み出すことが大切です。

ガソリンスタンドのお兄さん

 

日々の生活で光熱費や食費などの生活費のほかにも交際費や嗜好品に掛かる費用、「車を維持するための費用」などが掛かります。特に車を持っている人にとって車の維持費は家計の多くを占めるため、どのように節約していくかが重要となってきます。

 

一般的に車を維持していくための費用には「ガソリン代」や「車検費用」、「保険代」や「駐車代」などが掛かります。その他にもタイヤ代や各種パーツ代などが掛かることもありますが、基本的な車の維持費は前述した4つの費用をメインとして考えるのが一般的です。

 

 

 

ガソリン代・駐車料金

車を維持するための費用を極力抑え、家計の負担を最小限にするためには削れる部分から削っていく必要があります。

 

車を維持するためには「保険料」は絶対に不可欠なものなので削減対象には出来ませんが、「ガソリン代」や「駐車料金」などはやり方次第で幾らでも節約することが出来ます。

 

たとえば歩いて行ける距離にはなるべく車を使わないようにすることでガソリン代を抑えることが出来ますし、街の中心地から少し距離がある駐車場を選ぶことで通常より駐車料金を安く抑えることが可能となります。

 

また、こうした節約努力によって得た結果は必ず家計簿に記しておき、節約意識を常に持つことが大切です。