余計な習い事や塾通いに掛かる費用を削減することが大切です。

学費・教育費

教育

 

子供を抱えている一般的な家庭では、子供が成長するにつれて日々の生活費に加え、「教育費」や「学費」が掛かるようになってきます。

 

子供が小さい内から多くの習い事などを受けさせたいと願う家庭も多く、複数の塾や習い事に通っていれば毎月の教育費も膨らむ一方です。

 

特に学校へ通う年齢になると子供を私立の学校へ通わせたいと望む人も多く、多少の費用が掛かってでも質の高い教育を受けさせたいと考える人も増えてきています。

 

 

しかし、ただ単に私立の学校へ通わせたり、闇雲に複数の塾や習い事へ子供を通わせるだけでは余計な学費や教育費が増えてしまうだけです。可愛い子供に多くのスキルや学力を身に付けさせたいと思うのは当然の心理ですが、ただ闇雲にお金を掛けて子供に習い事や勉学を強要するだけでは、無意味な結果に終わってしまいます。

 

もし無理をして子供に多くの習い事や塾通いをさせているのであれば、今すぐに家計を見直す必要があります。

 

子供への教育は大切なことですが、そのせいで家計を圧迫してしまっては元も子もないので、
まずは「家計簿」を付けてみて、余計な習い事や塾通いに掛かる費用を削減することが大切です。

 

一般的な家庭の収入では、子供の学費や教育費に掛ける費用は総収入の10分の1程度に抑えるのが理想的です。
つまり、お給料が手取りで30万程度の家庭なら、月々に掛かる子供への学費や教育費は「3万円程度」が理想的だと言えます。

 

しかし、比較的学費が割安な公立の学校へ通う場合でも毎月一万円前後は掛かると言われています。
そのため、3万円から1万円を差し引いた「2万円」が塾や習い事に掛けても家計を圧迫しない金額だと言えます。

 

子供に掛ける学費や教育費は出来るだけ節約し、子供にとって必要だと思えるものだけを選んで習わせることが重要です。

 

もし子供への学費や教育費が掛かり過ぎていて、家計を圧迫されていると感じている人は「家計簿」を活用しながら、上手に家計の見直しを行うことが大切です。