「削れる=抑えられる金額」を貯金していくのがベストです。

貯金のコツ

 

貯金をするコツとは?

貯金のポイント

貯金をするコツの一つに大事な本質があります。

 

それは継続力を意識することです。

 

最初に大きな金額を貯金しようと考えられる方も多いと思いますが、スタート時は少ない額からでも構いません
それは「継続」させるためには特に大切なことです。
人間は「習慣化」させることで多くの出来事をこなす事が出来ます。

 

また能力も身につきます。
最初は可能なルール内で貯金をしていくことが初心者にとってはとても重要なことになります。

 

 

家計簿や支出を見直す

これも重要な要素です。
実は貯金が出来ない人ほど、1日のお金の流れをそこまで重要視していません。なんとなく「これぐらい使っても」というような感覚が抜け切らず、結局無駄なお金を使ってしまうことで貯金が出来なくなってしまいます。

 

貯金をする際はお金の流れをしっかりと理解し、その流れを操作することが最大の肝となります。中級者~上級者になればレシートなどを管理して細かく家計簿をつけていくことをオススメしますが、最初のうちは中々難しく続けられません。

 

まずは携帯アプリなどでも構わないので、1日の使っている金額がどれくらいなのかを把握し、その中で削れるお金を考えてみましょう。
そしてその「削れる=抑えられる金額」を貯金していく形がベストです。

 

これでも1ヶ月で数千円以上の貯金が出来ます。
後は、金額をコントロールし、貯金したい額を設定すれば貯金を継続させることが出来ます。

 

 

貯金の割合はお給料の最大2割まで

良く貯金をしようと考える中で金額を沢山しようと考える方も多いですが、あまりオススメできません
その理由は続けられないからです。

 

お給料の最大2割で留めることが最初は大切です。
そのうち、貯金が楽しくなると次第に貯金できる割合(無駄な収出が減る)が増えるのでそこまで心配する必要はありません。
まずは続けること、次にお金の流れを操作すること、そしてお給料の2割で留めることが貯金を上手に行う秘訣となっています。