お金を使う癖を見直し、クレジットカードは賢い利用を心がけましょう。

貯金ができない人の特徴

 

貯金が出来ない人とは?

貯金ができない人とは

貯金が出来無い人にはある共通の問題があります。
その問題とは、お金の支出コントロールが出来ない人です。
具体的に言えば「ちょっとしたお金」を使ってしまう人です。

 

またこのような方は、100円ぐらいなら良いというような感覚でお金を使ってしまうので、結局お金をコントロールできずに支出が増えてしまうパターンが多いです。

 

 

何かを言い訳にする人

言い訳をしやすい人も貯金が出来ない人の特徴といわれています。

その一つとして、忙しいからコンビニで食事を購入している、時間がないから購入した、とりあえず買わないと駄目だった、というように「何かを理由」にお金を使ってしまうからです。

結論でいえば、少し行動を見直せばお金を使わなくて良いシーンが8割であり、殆どが自己欲求を満たしたいためだけなので注意が必要です。まずは己の行動を見直し、お金を使う癖を見直すことが大切です。

 

 

クレジットカードを良く使う人

次に挙げるのはクレジットカードを良く使う人です。
クレジットカードが悪いというわけではありませんが、沢山使いすぎるというのも問題があります。

 

その一つとしてリボ払いです。

一見お得に見えるこのシステムにはからくりがしくまれています。
リボ払いを利用することによって金利手数料が発生します。
安いと感じる方もいるかもしれませんが、結局は支払い総額が増大し損をしています。

 

リボ払いをしていることによってその「損」が見えていない人はお金の損得を認識できていません。
賢い人はそもそもリボ払いをそこまで利用しませんし、クレジットカードの利用も限度を決めています。
便利なものかもしれませんが、クレジットカードは一種の借金です。
あまり多様すべきではなく、賢く利用することが吉です。

 

クレジットカードを利用する場合は未来の借金を増やしていると認識し、あくまでも支払える割合で賢く利用を心がけるようにしておきましょう。

 

またATMで何度も引きおろす人も危険です。
まずはお金の流れをしっかりと把握することが大切です。